パラリンピックの学校連携観戦の中止を求める申し入れ

 都議会生活者ネットワークは、本日、パラリンピックの学校連携観戦の中止を求める申し入れを東京都知事および東京都教育長宛てに行いました。教育庁神田恭司主任指導主事(オリンピック・パラリンピック教育推進担当)が対応し、「貴重なご意見として承りました」と答えました。内容は以下のとおりです。 2021年8月23日 東京都知事 小池百合子 様 東京都教育長 藤田裕司 様 都議会生活者ネットワーク 岩永やす代 パラリンピックの学校連携観戦の中止を求める申し入れ  新規感染者が連日5000人を超え、オリンピックのと... 続きを読む

2021年第2回臨時会を終えて(談話)

2021年第2回臨時会を終えて(談話)  2021年8月20日   都議会生活者ネットワーク  岩永 やす代  本日第2回臨時会が閉会しました。  新規感染者が連日5000人を超え、入院やホテルでの療養ができず自宅療養を余儀なくされている人が2万人を超えるなか、都は入院の判断基準を変更し、自宅療養に舵を切りました。ところが、食料が届かない、フォローアップセンターには電話がつながらない、自宅療養中に死亡するという事態も起こっており、自治体からは人員配置の強化が求められています。ようやく多摩地域の自治体は、... 続きを読む